Tohoku University, International Center for Synchrotron Radiation Innovation Smart (SRIS)

研究・研究者紹介researchers

スマートラボ・研究部門紹介国際連携スマートラボ

スマートラボ・研究部門紹介Smart lab, Research department

国際連携スマートラボ
メンバー
研究概要

サイズ,形状,組成,表面を精密制御した機能性無機ナノ粒子の新規合成法の開発とその応用

無機ナノ粒子の合成と応用の研究が中心に行われています.10 nm以下のいわゆるシングルナノ粒子の新規合成法の開発,素材表面のナノヘテロ構造制御,ゼオライトをはじめとする多孔性材料のメソポア,ナノポア制御などの研究を実施しています.これらはいずれも,核生成と成長の分離と,粒子成長中の凝集防止による,サイズと形状が良く揃った単分散粒子を得る手法,ゲルーゾル法,ソルボサーマル法の開発の延長線上にあるもので,当研究室が伝統的に持っている力がベースにあります.また,応用面では,透明導電膜,触媒,センサー材料,電極材料としてのアプリケーション研究に展開されています.
最近では,特に多孔性材料の新規合成法として,メカノケミカル-水熱合成法をあらゆるゼオライト広く展開して,ユニークな骨格構造を有するゼオライト触媒を開発し,実際にメタンカップリング反応による選択的C2炭化水素合成や,改質反応,その他のファインケミカルズ合成反応などに展開しています.

カーボンニュートラルに向けて石油代替合成手法の開発研究

蟹江研究室共同で開発している機能性ナノ粒子