Tohoku University, International Center for Synchrotron Radiation Innovation Smart (SRIS)

研究・研究者紹介researchers

研究者プロフィール

階層的計測スマートラボ Multiscalel measurement smart lab

二宮 翔 NINOMIYA Kakeru 助教
研究テーマ
  • ゼオライト中異種金属原子位置の決定
  • 有機修飾金属酸化物微粒子の電子状態と物性発現メカニズムの解明
  • 金属中ナノクラスタ形成機構と化学結合状態の解明
研究キーワード
X線吸収分光, X線発光分光, 第一原理計算
研究概要

放射光X線分光を駆使し、電子状態から材料合成・機能発現メカニズムを解明

 材料研究は日進月歩しており、有機-無機ハイブリッド材料、酸化物イオン伝導体、ゼオライト触媒、固溶ナノ合金などのたくさんの機能性材料や構造材料が生み出されてきました。新規でより高機能な材料を開発するためには、原子や分子の配列をより自由自在にコントロールするための「合成メカニズム」や、なぜ優れた特性を示すかの「機能発現メカニズム」を理解することが不可欠です。こうしたメカニズムを解明するためには、反応にともなう構造変化を特定するだけではなく、原子同士の相互作用、すなわち化学結合・電子状態の変化を理解する必要があります。そこで私は、放射光X線分光と計算科学を活用し、すべての材料に共通する化学結合・電子状態の観点から、無機・金属材料や有機-無機ハイブリッドナノ粒子の合成および機能発現メカニズムを解明する研究を行っています。