Tohoku University, International Center for Synchrotron Radiation Innovation Smart (SRIS)

研究・研究者紹介researchers

研究者プロフィール

生命分光計測スマートラボ Bio-spectroscopic measurement smart lab

南後 恵理子 NANGO Eriko 教授
研究テーマ
  • タンパク質動的構造解析法の開発
  • G-タンパク質共役型受容体の活性化機構
  • 動的構造情報による合理的分子設計
研究キーワード
X線結晶構造解析,タンパク質動的構造解析,X線自由電子レーザー
研究概要

生体高分子が起こす反応・構造変化の可視化

生命にとって重要な構成物質であるタンパク質は、細胞情報伝達や生体内触媒反応など様々な役割を果たします。タンパク質立体構造はそうした機能と深く相関しており、機能発現の際にどのような構造変化を起こすのか興味が持たれてきました。ナノスケールのタンパク質がフェムト秒~ミリ秒といった高速で動く様子を原子レベルで捉えるには新たな技術が必要です。当研究室では、X線自由電子レーザー、放射光などの量子ビームを用いて、タンパク質の中で実際に起こっている化学反応や構造変化を高い時間・空間分解能で可視化することを目指します。開発した技術を用いて、光受容タンパク質や、ユニークな反応を触媒する酵素の反応機構などを明らかにしていきます。また、得られた動的構造情報を基に新たなタンパク質分子設計や創製を目指します。