Tohoku University, International Center for Synchrotron Radiation Innovation Smart (SRIS)

研究・研究者紹介researchers

研究者プロフィール

国際連携スマートラボ International collaboration smart lab

村松 淳司 MURAMATSU Atsushi 教授
研究テーマ
  • メカノケミカル-水熱合成法ゼオライト調製と骨格構造制御
  • ゲルゾル法/ソルボサーマル法による単分散ナノ粒子合成
  • メタン酸化カップリングによる選択的C2炭化水素合成
研究キーワード
単分散粒子合成,機能性ナノ粒子,触媒化学,工業物理化学,次世代放射光
研究概要

実用化を目指した機能性単分散粒子や最先端触媒材料の合成・応用の研究

サイズ,組成,構造などが均一の粒子群である単分散粒子の多量合成法である,ゲルゾル法(杉本名誉教授,蟹江教授らとともに開発)をベースにした手法で,ナノサイズからサブミクロンサイズまでの単分散ナノ粒子合成を研究しています.また,メカノケミカル-水熱合成法(山本北九州市立大教授が開発)による多様なゼオライトの調製研究を行っています.カーボンニュートラルを念頭に,合成した材料を天然ガス=メタンの転換反応用触媒として使えないか研究の展開をはかっています.

基盤研究S:よく定義されたゼオライト合成と詳細な構造組織の総合的理解

サイズと形態を精密に制御したチタニア粒子の光触媒活性

メッセージ
あれ?変だな?とか,ちょっとだけ,ひっかかったこと.
ん?ここ,ちょっとこうすれば,いけるかな,と思ったこと.
そんな些細なことが,大きな発見や発明に繋がることが,確かに,あります!
小さな小さな思いが自分を加速して,大きな夢に繋がることが,まさに,研究の醍醐味でしょう.
一緒に,研究をしましょう!