Tohoku University, International Center for Synchrotron Radiation Innovation Smart (SRIS)

研究・研究者紹介researchers

研究者プロフィール

多元計測スマートラボ Multimodal measurement smart lab

福山 博之 FUKUYAMA Hiroyuki 教授
研究テーマ
  • 窒化物半導体の結晶成長と物理化学
  • 超高温熱物性計測システムの開発
  • 超高温材料の熱物性計測
  • エネルギー・環境材料のプロセス創製
  • 金属製錬プロセス開発
研究キーワード
エネルギー・環境材料, 化学熱力学, 融体物性, 結晶成長
研究概要

エネルギー・環境材料の高温プロセス創製

当研究室では、化学熱力学をベースにエネルギーと環境に役立つ新しい先端材料やそのプロセス開発に関する研究を行っています。例えば、窒化物半導体は、環境や医療分野での応用が期待される紫外発光デバイスや省エネにつながるパワーデバイスの基板材料として注目されており、当研究室では、その新たな結晶成長プロセスに関する研究を行っています。また、様々な材料プロセスにおける熱・物質移動現象をシミュレーションするため、電磁浮遊法と静磁場を組み合わせて、融体の熱容量、熱伝導率、放射率、密度および表面張力等の熱物性を高精度に計測する超高温熱物性計測システムの開発を行っています。この技術によって、鉄・非鉄の金属製錬、機能性材料の結晶成長、耐熱材料の開発、蓄熱材料の開発、原子炉重大事故のモデリング、鋳造、溶接など様々な材料分野へ貢献することに加えて、未知の高温融体科学を開拓する研究を行っています。

高温熱物性計測システム(PROSPECT)

窒化アルミニウム結晶成長その場観察

メッセージ
これまで超高温場における材料プロセスはブラックボックスでしたが、超高温熱物性計測やその場観察を行う武器(PROSPECT)と次世代放射光施設を組み合わせて、新たな材料プロセス開発に取り組んでいきましょう。