Tohoku University, International Center for Synchrotron Radiation Innovation Smart (SRIS)

研究・研究者紹介researchers

研究者プロフィール

ビッグデータスマートラボ Big data Smart Lab

ダム ヒョウチ DAM Hieu-Chi 教授
研究テーマ
  • 材料画像データを解析するためのデータマイニングおよび深層学習手法の開発
  • 材料データのマイニングのための類似度評価法の開発
  • 材料データから物理化学的メカニズムを解明するための、解釈・説明可能なデータ駆動型AI手法の開発
研究キーワード
データサイエンス,データ駆動型AI,マテリアルインフォマティクス
研究概要

AIとの融合を含めたビッグデータの解析・活用のためのデータ科学基盤技術の開発

現在、材料研究開発の短期化とコスト削減は急務です。従来の実験と計算に加えて、データから価値を引き出す新たなデータ駆動型材料開発手法が注目されています。データ科学アプローチを用いた材料研究開発の目標は、現存するデータに導かれた結果の精度や不確かさを定量的に評価して、コストがかかる新材料探索の実験の実施数を減らし、効率的に組成組み合わせや作製条件を提案できるようになることです。この目標を達成するために、材料科学における実測・計算のビッグデータを効果的に解析・活用できる材料科学に適合したデータ科学の基礎技術と応用技術を開発します。