本文へスキップ

国立大学法人 東北大学 国際放射光イノベーション・スマート研究センター

TEL. 022-217-5204

〒980-8577 仙台市青葉区片平2−1−1

センターの目的・方針OBJECTIVE

背景

 放射光は,強力なX線であり,これは波長の短い光です.光で物を見るとき,分解能は波長の程度に制限されますので,ナノの世界を光で観察するためにはX線が必要となります.
我が国は,1974年に世界初の放射光専用加速器を東京大学原子核研究所で運用して以来,世界の放射光科学のフロントランナーとして今日に至っています.
 しかしながら,1990年代からの高輝度光源化の中で,硬X線領域でSPring-8 (播磨・理研),極端紫外領域で UVSOR-III(岡崎・分子研)という世界最高峰の光源整備が行われたものの,軟X線領域が空白であり,この領域でのサイエンスが世界との間に大きく水を開けられつつあります.
 医学,生物学,化学,物理学,物質科学など広範な科学技術分野で,ナノの世界の原子・分子の組み合わせから,それが発揮する機能を探るのは,現在の科学の大きなトレンドです.
 放射光はナノの世界を見るための光であり,様々な分野に不可欠なものとなっています.より明るい(高輝度の)放射光を用いることにより,ナノの世界がよりはっきりと見え,速い動きの最中でも止めて観察することが可能となります.
 このことを活かして,硬X線領域では SPring-8 が様々な学術分野に用いられ,また産業利用も進められていますが,より軽い元素に強みを持つ軟X線向きの次世代放射光施設は,科学技術分野を拡大し,より広い産業展開を可能とします.
 このことから,東北大学青葉山新キャンパスに建設が決まった,次世代放射光に多くの期待が集まります.

 東北大学は,多彩な学問分野を以て産業界を含めた異分野融合を促進し,イノベーション創出を先導するセンターを新設します.これによって2023年の運用開始と共にスムーズな活用と成果創出を実現し,リサーチコンプレックス形成に貢献します.
 本センターの役割は,国側の国立研究開発法人・量子科学技術研究開発機構 (QST:National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology)と,民間企業の一般財団法人・光科学イノベーションセンター(PhoSIC:Photon Science Innovation Center)に対し,エンドステーションの設計や整備から,産業界によるエンドステーション活用まで,サイエンス面の学術の全面的な協力を牽引することであります.
  本センターは,また,「リサコン4極構想」において,国外のリサーチコンプレックス間の連携のハブとなります.そして,国際的規模で,施設と連携する大学を通して,次世代放射光施設を活用した研究・教育、人材育成を実現します.
 本学は既に,学内外に対する次世代放射光施設の利活用に向けた,ワークショップやシンポジウムを継続的に開催しています.2019年4月に主催した第1回国際フォーラムでは,大学を介した世界の主要な3 GeV級放射光施設と,研究・教育及び人材育成における連携の声明「AOBAコミュニケ」を受け,国内の主要国立大学および研究機関とも連携の機運を高めるに至りました.
  本センターの設置とミッション遂行は,東北大学ビジョン2030に沿って全学で推進され,成果の発信と,優秀かつ挑戦的な人材と知の流入とが継続的にスパイラルアップするエコシステムの形成につながり,リサーチコンプレックスの原動力となります.

目的

本学敷地内への設置が決定された次世代放射光施設を活用し,学術的挑戦性と産業的革新性の融合が誘発する産学共創の世界最高水準の研究開発拠点を形成します.
本拠点の戦略的活用により,産官学金からなるリサーチコンプレックスを形成し,イノベーション・エコシステムの構築とグローバル・リーダー育成等に取り組むことが可能となります.


4つのミッションと3研究部門

「国際放射光イノベーション・スマート研究センター」では4つのミッション

1)次世代放射光を活用した学術研究・産学連携の先導
 社会科学、経済学の観点をも導入した新規研究領域の開拓
2)産官学連携によるイノベーションシステムの構築
 知を新たな価値に創造し、産業界及び社会に貢献する分野融合
3)国際的な大学放射光アライアンスの形成
 海外放射光施設及び連携研究機関との研究ネットワーク形成による国際競争力強化

4)放射光施設を活かした人材育成
 全国の大学の大学院を連合した放射光大学院連合(詳細は下記)の設置による広い視野を有する新分野創成により、新産業育成を牽引する先導的若手研究者の育成
を推進すべく、管理体制の他に、14の「スマート研究グループ(スマートラボ)」、1つの共同研究部門 を設置します.
「スマートラボ」は、横幹、基幹、および展開の3つの部門から構成されます.

センター長から

 国際放射光イノベーション・スマート研究センターは,英語名International Center for Synchrotron Radiation Innovation Smartの後半4 wordsの頭文字をとって,略称SRIS(スライス)と呼びます. SRISは,2019年10月1日に,東北大学の学内措置により,学内共同利用施設として設立されました.そして,2020年度の政府予算に乗り,2人の教員の新規採用が認められました.2人の教員ポストは,横幹研究部門のビッグデータラボと,基幹研究部門の階層的解析ラボの教授に充てる予定で,現在選考中です.
 SRISは,その発足の目的から,国と地域のパートナーシップによる大型研究施設の新しい枠組みの中で,東北大学のミッションを果たすために設置されました.地域パートナーの中での東北大学のミッションは,1.次世代放射光を活用した学術研究・産学連携の先導,2.産官学連携によるイノベーションシステムの構築,3.国際的な大学放射光アライアンスの形成,と4.放射光施設を活かした人材育成 です.
  SRISは,地域パートナー側の代表機関である,光科学イノベーションセンター(PhoSIC)と密接に関わり,次世代放射光施設の地域パートナー側の技術・研究の担い手として,活動しています.PhoSICは,地域パートナー側に民間の利活用を促進するために,コアリションメンバーを募集しています.コアリションメンバーは,いわばゴルフ会員権のように,次世代放射光施設の地域パートナー側のビームラインを優先的に使用する権利(インセンティブ)を有していますが,PhoSICからは技術・研究面でのサプライは一切ないため,希望に応じて,SRISとの共同研究を結ぶことが可能です.
 このSRISのミッションは,1.新学術の創発と未踏研究領域を開拓すること,2.社会連携に基づき、未来価値創造を支援すること,3.海外施設/大学との国際研究ネットワークを構築すること,4.世界トップレベルのグローバルリーダーを育成することです. PhoSICとコアリションメンバーとの,SRISの関わりと役割は ,1.コアリションBLへの技術供与,研究開発,2.コアリションメンバーのFSサポート,共同研究,3.国際的なネットワーク形成,4.グローバルリーディング人材育成 と,まとめることができます.
 SRISは,これらのミッションと役割を果たしながら,次世代放射光施設が完成し,ファーストビームが出され,そして安定運用するときまでに,いわゆる『次世代放射光技術』の研究開発を集中的に行います.全く新しい枠組みの中で,全く新たな計測技術や放射光利用技術が,次々と開発されるものと期待されています.
 SRISは,全学の次世代放射光施設と施設利用への期待を果たすために,あらゆるミッションを積極的に果たしていきます.全学の全ての教職員のご協力とご高配を,切に御願いいたします.

センター長 村松淳司


バナースペース

国際放射光イノベーション・
スマート研究センター

〒980-8577
仙台市青葉区片平2−1−1
国立大学法人 東北大学
 TEL 022-217-5204
 FAX 022-217-5211